TAKANEZAWA ROCKSIDE MARKET に出店してまいりました。

18日に栃木のTAKANEZAWA ROCKSIDE MARKET に出店してきました。
先月の大谷石資料館でご好評いただき、急遽今年度ファイナルである12月の回にも呼んでいただいたのでした。


https://www.facebook.com/takanezawa.rsm/?fref=ts


今年は最後にこちらも。
23日は1時間の枠だけですが
過去に人気だったステンシル巾着のワークショップもあります。

http://art-buffet.jp/


遊びにきてくださいね。

さてさてTAKANEZAWA ROCKSIDE MARKET。

全体のクオリティが素晴らしく、かっこよくてかわいくて美味しいものが50店舗集合。





用意したワークショップも物販も売り切れ続出でした。









栃木がどんどん好きになる当店です。



色々なおしゃれイベントがある中、実際自分が子連れで行く時も思いますが
男女どんなタイプのこどももどんとこい的なお店はあまりありません。
特に男子。もう帰りたいってなりがち。
あれがあるならついていってもいいよ!と子どもたちに思ってもらえるような催事をいつも目指しています。

じっくり丁寧にできる子だけ、といった素敵なショップはもちろんあるのでそういった方面は素敵ショップ様におまかせして、
我々は、ちょっと楽しい買い物も、熱中できちゃう遊びも、男女どんどんおいで!
といった内容を。

数日だけの出店をできるフットワークがあってなおかつ100名ぐらいを相手にしつつ
ちょっと気の利いた物販とキッズの遊び場を私達はご提供しているつもりです。

そんなこんなでそういった場面で数年前からお声がかかることが多くなり
今回もそんな立ち位置で参加させていただきました。

 ▼移動石窯ピザ屋のデルフィーノさんと。


当店は、キッズを連れてイベントに出るようになってから4年ぐらいたちます。
イベント出店スタートの時点でこどもがそこそこの年齢でしたが、
いまや、手伝ってくれるキッズスタッフも随分大きくなってきたし
娘なんてふっきれたとゆうか。
大きな声で【●●様〜!】なんて点呼もいえちゃうようになりました。
最初の頃は、「ママ呼んで。」なんていってたんですけど。

下の子はなにもできないぐらいの頃から、かなりしっかりしてきて色々できるようになり、なんならそのへんの大人よりも立派な挨拶をすることもしばしば。

そして最近思うのは、子連れ出店のかたが増えてきたなということ。
そうせざるを得ないから、が、大抵のきっかけだとは思いますが
あの子やこの子も、年を重ねる度にパワーアップしていくのだろうなと
微笑ましい気持ちで眺めてしまいました。

その場の人、ディレクションに関わってきたスタッフさん、気持ち、動き、
全てがかっこよく昇華したあの場所で、年末に仕事ができて最高でした。

ありがとう高根沢!


http://www.chatoy.net/shopbrand/137/Y/
会員登録で、年内ずっと8%お値引き中!



コメント