結局SEOにいくらかけたらいいの? ネットショップCHATOY

ネットショップをたちあげたばかりの頃は、キーワード検索で自分のお店が1ページ目に出てくることが夢のひとつでした。数々のインポートショップが並ぶ中、後出しの私が『輸入こども服』で選ばれるには?と。
※このキーワードは希望のワードではありませんが、検索の1ページ目に入ってたらいいなと思っているワードのひとつではあります。


当店も当然思っておりました。先に書くと、今は希望のキーワードが複数、わりと良い感じで並んでおります。


ネット通販をしていると頻繁にかかってくるSEO対策の営業。
今日は悲しいことに、月商10万円が200万円になった事例から営業トークが始まりました。
(そのあたりで響くって見られてたのかな。それもちょっと悲しい。もうちょっと頑張れているんですけどね)

小さなネットショップを経営している場合、きっと広告にかける宣伝予算も少ないしSEOにいくらかけたらいいかわからなくなりますよね。
極論でいえば、SEO含め、広告にお金をかけた方が良いと思います。

ただ、その前にやることがたくさんあるよってはなしです。

で、当店はSEO会社にお金を払っているかどうか。
今現在、どこのSEO業者とも契約はしていません。
そして、契約していなくても売上もありますし、顧客も増えています。

何年も前に、1万円単位で継続なしでお仕事をしてくれる業者さんが見つかったので
外部リンク作業を一度お願いしたことはあります。

悪どい内容ではなく、こういった業者さんもいるのだなと思える納得のいく対応の内容でした。とてもよくしていただいたのですが、検索エンジンの仕様が予告なしに変わった際に所詮お金で支払ったこの作業が逆にペナルティになることが怖くなりまして。
不安材料が増えるように思えてきてしまったのです。

湯水のような広告枠のある団体であれば、いくらでも良質な自分のショップへの被リンクページを作ってもらって作りつづければいいんですけどね。
そうはいきません。1回払えば終わりではない世界なので、これってどうなのかなと。

で、やめました。グーグルは小手先のSEOはすぐに見抜くので、怖くなってやめました。

10万円支払ったとしたら、売上が10万上がってもマイナスです。10万円分の利益がでる売上を出さなくちゃいけません。その分の仕入れも増やしたら、あれ、途方もないなと。

年間ずっと支払った方がよさそうな額に対して、上げなければいけない利益から導かれる在庫の増量などを考えていたら、面倒になってしまったのも本音です。


できることは自分でやろうと。超がつくほど正統派に。

・商品ページを丁寧に作ることを忘れないようにしました。
・魅力的だと自分が信じてやまない商品を年間何百点と紹介しました。(しています)
・イベントを企画し多数の御客様に来ていただいたことから取材が増えました。
・ブログを更新し、Facebookを更新し、インスタグラムも忘れずに更新。
・ネットだけでなく催事に出展したりと、ローカル的なロビー活動もするようになりました。
・キーワードを狙うなら身の丈をしる。(ニッチなものなら手に入れやすいですが、みんな頑張ってるんです。今更ビッグなワードを手に入れるのは、それはもう簡単ではありません。)
※内部構造の整理整頓は正直まだまだいろいろ放置ですが、優先順位が上記のものに比べて低くても売上的に問題ないので、あまりちゃんとしていません。
 
結果的に、SEO業者に頼らなくてもまあまあ納得きでるようになりました。
検索はあくまでもきっかけなので当店にとってはもうこれで充分。
あとはこれに加えて、トピックス的な記事を頻度高く更新するのが次の目標です。

大儲けの左うちわではないけれど、営業が続けられるだけの商売はできているので、SEOに広告費を使うのであれば、サービスの一貫になるキュートな梱包材や、ノベルティを作りたいですしね。笑

色々やりきったら、また業者さんと相談しようかなとは思いますが、当分その時が来そうにありません。そして、その時がこなくても良いように動くことが重要だったりすると考えています。


その時が来た時には……


リンクを貼るような対策ではなくて企業診断士さんができるようなコンサル方向で相談しようかな。

新作色々、お値下げいろいろ。
本日も皆様のご訪問をお待ちしております。

●新作はこちらから
http://www.chatoy.net/shopbrand/new

●お値下げ品はこちらから
http://www.chatoy.net/shopbrand/SALE_OUTLET/


追伸:SEO業者さんが電話をしてきて上位になるワードの見本をしめしてくることがよくありますが、その会社さん事態はなんのキーワードで自分の会社を上位にしているのか聞いてみるのもよいと思います。
SEO業者同士の戦国時代状況中では、「結局こうやって電話かけてきるじゃんっ」てことです。 

コメント